コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄興寺 ジョウコウジ

デジタル大辞泉の解説

じょうこう‐じ〔ジヤウコウ‐〕【浄興寺】

新潟県上越市にある浄土真宗浄興寺派の本山山号は観喜踊躍山。常陸国笠間にあった親鸞草庵が起源で、正保3年(1646)現在地に移転。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

浄興寺

新潟県上越市にある寺院。1224年創建。真言宗浄興寺派本山。本尊阿弥陀如来。本堂は国の重要文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうこうじ【浄興寺】

新潟県上越市にある浄土真宗浄興寺派の本山。寺伝によると,親鸞は常陸国茨城郡稲田郷に稲田禅房を開いて,名を歓喜踊躍(ゆやく)山浄土真宗興行寺とした。浄興寺はその略称であるという。親鸞の帰洛に際し,寺は善性に譲られたが,1262年(弘長2)に親鸞が没すると,その遺骨が浄興寺に分納された。その後,浄興寺は火災や戦乱にあい,信濃国の長沼,越後国の春日山,同国の福島などを転々としたが,1610年(慶長15)松平氏の城下の高田に移り,46年(正保3)に現在の地に堂宇を建てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄興寺
じょうこうじ

新潟県上越(じょうえつ)市寺町にある真宗浄興寺派本山。山号は歓喜踊躍山(かんぎゆうやくさん)。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。開山は親鸞(しんらん)。寺伝によれば、親鸞が『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』を著した常陸(ひたち)(茨城県)の稲田禅坊(いなだぜんぼう)を起源とし、1224年(元仁1)の開創という。1262年(弘長2)親鸞没時の遺命により頂骨と遺物を守り、信濃(しなの)国(長野県)長沼に約300年間あったが、川中島合戦のとき焼失、各地を移転した。1610年(慶長15)松平忠輝(ただてる)の越後(えちご)(新潟県)の高田城造営に伴い城下裏寺町に再興されたが、1646年(正保3)現地に移った。一説に寛文(かんぶん)大地震(1665)後に現在地に移転ともいう。親鸞廟(びょう)には頂骨を安置し、また一般信者の納骨も許している。6月24日逮夜(たいや)~28日の大法会(ほうえ)のときには本堂の正面に遺物の笈(おい)を飾り、宝塔を安置する。[清水 乞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浄興寺の関連キーワード新潟県上越市上越(市)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android