コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林家三平(初代) はやしや さんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林家三平(初代) はやしや-さんぺい

1925-1980 昭和時代後期の落語家。
大正14年11月30日生まれ。7代林家正蔵の長男。父の死後,7代橘家(たちばなや)円蔵に入門。昭和32年テレビ番組の司会に起用され,うりだす。33年真打となる。独特のアドリブとギャグの「リズム落語」で人気者となった。妻はエッセイスト海老名香葉子(えびな-かよこ)。昭和55年9月20日死去。54歳。東京出身。旧制明治中学卒。本名は海老名泰一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林家三平(初代)の関連キーワード島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助黒人問題印僑五所平之助醸造業加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android