コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドリブ ad lib

翻訳|ad lib

百科事典マイペディアの解説

アドリブ

音楽用語,上演芸術の用語。ラテン語のアド・リビトゥムad libitum(思うままに,自由に)の略。ジャズではインプロバイズimproviseと同じ意味に使い,演奏者が原曲の和音進行にもとづいて即興的に演奏をつくり出すこと。演劇では,台本にないせりふ・身振りを即興で演じること。
→関連項目ホーキンスモード・ジャズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アドリブ【ad‐lib】

ラテン語のad libitum(思うままに,気の向くままに)に由来する上演芸術の用語。原語の意味が示すとおり,演者の行うかなり気ままな要素を指す。演劇の場合,あらかじめ綿密に書き込まれた台本があり,一定の稽古を積んでせりふや演技もできあがった舞台で,上演の際,その場の雰囲気や観客の反応などに応じて,台本のコースをはみ出してせりふや身振りなどを気分的に演じることをいう。台本の文学的価値を重んじる傾向のある現代劇や,様式の固定した伝統演劇などでは,アドリブは舞台を損なうものとみなされ,はいり込む余地はほとんどない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アドリブ【ad lib】

〔アドリビトゥムの略〕
ジャズで、一定のコード進行やテーマに基づいて、演奏者が即興的に行う演奏。インプロビゼーション。
演劇・放送で、出演者が台本にない台詞せりふや演技を即興ではさむこと。また、その台詞など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アドリブの関連キーワードインプロヴィゼーション[improvisation]アームストロング(Louis Armstrong)ビバップ[beダンディ2 華麗な冒険インプロビゼーションジョー ウイリアムスキーコ フランシスコフェイク[fake]ジャズ[jazz]マイルス デービス東 武蔵(1代目)アート ペッパーソニー ロリンズ林家三平(初代)東 武蔵(初代)東武蔵(初代)ハン ヒョジュはまこ・テラこ三木 のり平クリスチャン

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アドリブの関連情報