林平次郎(読み)はやし へいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「林平次郎」の解説

林平次郎 はやし-へいじろう

1861-1931 明治-大正時代の出版経営者。
文久元年4月15日生まれ。12歳で書店弘文館の店員となり,明治20年独立し,書籍取次店文魁(ぶんかい)堂をひらく。27年六合(りくごう)館を買収して館主となり,大槻(おおつき)文彦の「言海」などを刊行。大日本図書,日本書籍の役員,東京書籍商組合会長などをつとめた。昭和6年11月30日死去。71歳。江戸出身。本姓加藤

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android