コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘文館 コウブンカン

2件 の用語解説(弘文館の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうぶん‐かん〔‐クワン〕【弘文館】

江戸初期の林家の家塾。寛永7年(1630)林羅山が江戸上野忍岡に創立。元禄3年(1690)5代将軍綱吉が湯島に移し、のち、昌平坂学問所となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぶんかん【弘文館】

江戸幕府の儒家林家の私塾。1630年、林羅山が将軍家光から上野忍岡に土地を拝領し書院と文庫を設立したのに始まる。90年、将軍綱吉の命によって湯島に移り、のちに昌平黌しようへいこうとなった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弘文館の関連情報