コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林晋軒 はやし しんけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林晋軒 はやし-しんけん

1654-1676 江戸時代前期の儒者。
承応(じょうおう)3年4月7日生まれ。林読耕斎の子。第二林家を称す。伯父林鵞峰(がほう)にしたがい,「本朝通鑑(ほんちょうつがん)」の編修にくわわった。延宝4年11月9日死去。23歳。江戸出身。名は勝澄,憲。字(あざな)は章卿。別号に春東,洗林。著作に「稽古録」「拾葉録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

林晋軒 (はやししんけん)

生年月日:1654年4月7日
江戸時代前期の儒者
1676年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

林晋軒の関連キーワード生年月日林春益林春東儒者承応

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android