コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林美雲 はやし びうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林美雲 はやし-びうん

1862-1912 明治時代の彫刻家。
文久2年1月28日生まれ。高村東雲,高村光雲に師事。明治28年京都市美術工芸学校教諭,31年東京美術学校助教授となる。33年東京彫工会競技会やパリ万国博で受賞。近代性をとりいれた木彫を制作。明治45年7月29日死去。51歳。江戸出身。旧名は西牧正八。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林美雲の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門ジゴマ白瀬矗光の科学史サイゴン条約黒住教ケズウィック牧野富太郎歴史小説

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone