高村東雲(読み)たかむらとううん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高村東雲
たかむらとううん

[生]文政9(1826).江戸
[没]1879.9.23. 東京
幕末から明治初期に活躍した仏師。本名は奥村藤次郎。江戸の仏師高橋鳳雲の弟子となり,のち独立して高村東雲と改名。鳳雲の建長寺山門の『五百羅漢』の造像を助けた。東雲は当時まったく精彩を失っていた仏像彫刻界にあって,わずかに伝統を守り一家をなした。門下に高村光雲がいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android