コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高村東雲 たかむらとううん

2件 の用語解説(高村東雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高村東雲
たかむらとううん

[生]文政9(1826).江戸
[没]1879.9.23. 東京
幕末から明治初期に活躍した仏師。本名は奥村藤次郎。江戸の仏師高橋鳳雲の弟子となり,のち独立して高村東雲と改名。鳳雲の建長寺山門の『五百羅漢』の造像を助けた。東雲は当時まったく精彩を失っていた仏像彫刻界にあって,わずかに伝統を守り一家をなした。門下に高村光雲がいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高村東雲 たかむら-とううん

1826-1879 幕末-明治時代の仏師,彫刻家。
文政9年生まれ。高橋鳳雲に師事。鳳雲の鎌倉建長寺山門の五百羅漢制作に協力した。弟子に高村光雲がいる。明治12年9月23日死去。54歳。江戸出身。旧名は奥村藤次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高村東雲の関連キーワードハウフHIROHITOクルップビニー内館元右衛門メイランクルップ除蝗録防衛施設庁談合フリーター

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone