コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高村東雲 たかむらとううん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高村東雲
たかむらとううん

[生]文政9(1826).江戸
[没]1879.9.23. 東京
幕末から明治初期に活躍した仏師。本名は奥村藤次郎。江戸の仏師高橋鳳雲の弟子となり,のち独立して高村東雲と改名。鳳雲の建長寺山門の『五百羅漢』の造像を助けた。東雲は当時まったく精彩を失っていた仏像彫刻界にあって,わずかに伝統を守り一家をなした。門下に高村光雲がいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高村東雲 たかむら-とううん

1826-1879 幕末-明治時代の仏師,彫刻家。
文政9年生まれ。高橋鳳雲師事。鳳雲の鎌倉建長寺山門の五百羅漢制作に協力した。弟子に高村光雲がいる。明治12年9月23日死去。54歳。江戸出身。旧名は奥村藤次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高村東雲の関連キーワード高村 光雲明治時代彫刻家林美雲精彩造像門下仏師

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android