コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林藤左衛門 はやし とうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林藤左衛門 はやし-とうざえもん

1621-1697 江戸時代前期の治水家。
元和(げんな)7年生まれ。肥後(熊本県)人吉藩士。私財を投じて球磨(くま)川の河床を開削し,人吉から八代への舟運の便をひらく。問屋川船取締役をつとめた。元禄(げんろく)10年11月12日死去。77歳。名は正盛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

林藤左衛門

没年:元禄10.11.12(1697.12.24)
生年:元和7(1621)
江戸前期,球磨川舟運の創始者。人吉藩(熊本県)藩士。名は正盛。藤左衛門は通称。日本三急流のひとつに数えられる球磨川には鎌倉期に楫取りがいた記録があるが,全面的通運は林藤左衛門に始まる。人吉城下から八代への通路は照岳越えと球磨川沿道しかなかったが,藤左衛門は41歳の厄落としとして藩主相良頼喬の許可を得て寛文2(1662)年球磨川の開削工事に着手した。石工を雇い川下の神瀬,多武の木から川上にかけての川底の巨岩の除去に苦心した。なかでも大瀬の亀石の除去には稲荷神が方法を教えたという。3年間を費やして同4年に至って人吉城下まで舟路を開いた。8年はじめて江戸参勤に川舟下りが行われた。藤左衛門は問屋川船取締役および船屋の特権を与えられた。<参考文献>武藤厳男『肥後先哲偉蹟』

(松本寿三郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

林藤左衛門の関連キーワード林正盛

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android