コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林譲治 はやし じょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林譲治 はやし-じょうじ

1889-1960 昭和時代の政治家。
明治22年3月24日生まれ。林有造の次男。高知県会議員をへて,昭和5年衆議院議員(当選11回,自民党)。戦後,第2・第3次吉田内閣の厚相・副総理。衆議院議長,自由党幹事長をつとめる。大野伴睦(ばんぼく),益谷秀次(ますたに-しゅうじ)とともに吉田茂門下の御三家とよばれた。昭和35年4月5日死去。71歳。高知県出身。京都帝大卒。俳号は鰌児(じょうじ)。句集に「古袷(あわせ)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林譲治の関連キーワード益谷 秀次林 有造3月4日昭和時代林 迶

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林譲治の関連情報