コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副総理 ふくそうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

副総理
ふくそうり

内閣総理大臣に事故あるとき,または内閣総理大臣が欠けたとき臨時にその職務を代行することになっている国務大臣。副総理というのは官名ではなく,内閣法9条によりあらかじめ内閣総理大臣によって,その臨時代理に指定された国務大臣の俗称。副総理には閣僚中の最有力者が指名されるのが通例で,内閣成立とともに指名される場合が多いが,首相の外遊などで臨時代理を指名してもよいことになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐そうり【副総理】

内閣総理大臣に事故のあるとき、または欠けたとき、暫定的にその職務を代行する国務大臣の俗称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

副総理【ふくそうり】

内閣総理大臣に事故があったとき,またはそれが欠けた場合に,臨時にその職務を行うべきことを,内閣総理大臣によってあらかじめ指定された国務大臣。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副総理
ふくそうり

内閣総理大臣の代理をする国務大臣の俗称。内閣法では、内閣総理大臣に事故のあるとき、または欠けたときには、そのあらかじめ指定する国務大臣が、臨時に、内閣総理大臣の職務を行うものと規定している(9条)。閣僚のうちもっとも実力のある者が指名されるのが通例である。この指名は内閣成立時に行っても、臨時代理を置く必要が迫ったときに行ってもよい。明治憲法下では、このような制度はなかったが、実際上有力な閣僚が副総理とよばれることがあった。[小松 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

副総理の関連キーワードハーバート・S. モリソン国家公務員の新規採用抑制中国国家発展改革委員会国連常設軍創設構想渡辺 美智雄宮沢喜一内閣村山富市内閣臨時首相代理芦田均内閣クローチェ益谷 秀次加藤織平前田慧雲西尾末広緒方竹虎佐々友房江崎真澄河野敏鎌民自対決東 清吉

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

副総理の関連情報