コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林有造 ハヤシユウゾウ

7件 の用語解説(林有造の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はやし‐ゆうぞう〔‐イウザウ〕【林有造】

[1842~1921]政治家。高知の生まれ。板垣退助らと立志社を創立。西南戦争では武器購入に奔走したが、発覚して投獄。国会開設後、衆議院議員、逓相・農商務相を歴任。自由党政友会に所属。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

林有造【はやしゆうぞう】

明治の政治家。土佐(とさ)高知藩家老の子。尊攘派志士として活躍。維新後は外務省などに出仕したが,1873年征韓論に敗れて下野し,以後自由民権運動に参加。西南戦争の際,武器購入を企て事前に発覚して投獄。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林有造 はやし-ゆうぞう

1842-1921 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)13年8月17日生まれ。岩村通俊の弟。岩村高俊の兄。外務省につとめ,征韓論政変で辞職。自由民権運動にくわわり,明治23年衆議院議員(当選8回,政友会)。第1次大隈(隈板(わいはん))内閣の逓信相,第4次伊藤内閣の農商務相となった。大正10年12月29日死去。80歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林有造

没年:大正10.12.29(1921)
生年:天保13.8.17(1842.9.21)
明治期の政治家。土佐国幡多郡宿毛村(高知県宿毛市)に土佐藩家老伊賀氏家臣の次男として生まれる。兄に岩村通俊,弟に岩村高俊が,縁戚に竹内綱がいる。林茂次平の養子。戊辰戦争で北越・陸羽に転戦。明治3(1870)年欧州軍事視察。帰国後4年高知藩少参事,同権大参事,廃藩置県後高知県参事。5年外務省に出仕,6年征韓論政変で辞職。板垣退助に従い帰郷,高知に立志社を設立。8年大阪会議に板垣の参議復帰を支持。西南戦争(1877)が勃発すると大江卓らと挙兵を企図,武器の調達に奔走したが発覚,11年8月禁獄10年の判決で岩手監獄に禁獄。17年仮出獄して政界復帰,自由党解党を支持。20年後藤象二郎を助けて大同団結運動,三大事件建白運動を指導,同年12月保安条例発令で東京退去を命じられ帰郷,宿毛新田開発北海道小樽築港事業に関与。22年憲法発布の大赦で追放解除,第1回衆院議員総選挙に高知県から当選,以後1回を除き,41年の政界引退まで連続当選。この間,自由党土佐派の重鎮として活躍,31年第1次大隈(隈板)内閣逓相,33年政友会結成の総務委員,第4次伊藤内閣農商務相を歴任。<著作>『林有造・旧夢談』(『明治文化全集』雑史編)<参考文献>田中貢太郎『林有造伝』

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はやしゆうぞう【林有造】

1842‐1921(天保13‐大正10)
明治期の政治家。土佐国宿毛(すくも)に生まれる。初代北海道長官岩村通俊の弟。尊王攘夷運動に参加し,維新後は高知藩参事,外務省出仕をつとめたが,1873年征韓論に同調して辞職し,立志社の結成に参加。77年西南戦争で西郷軍に呼応すべく武器購入を策し,逮捕投獄された。84年保釈出獄。三大事件建白運動に参加して保安条例で東京より追放される。90年第1回総選挙に当選して自由党に所属。98年第1次大隈重信内閣の逓信大臣に就任し,1900年には立憲政友会の結成に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はやしゆうぞう【林有造】

1842~1921) 政治家。土佐藩出身。幕末、尊攘運動に挺身。板垣退助とともに立志社設立に参加。国会開設後、自由党・政友会の幹部として活躍。二度入閣。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林有造
はやしゆうぞう
(1842―1921)

明治時代の政治家。土佐藩士。天保(てんぽう)13年8月10日土佐国幡多(はた)郡宿毛(すくも)(高知県宿毛市)に生まれる。岩村通俊(みちとし)の弟で、林家の養子となる。倒幕運動に参加し、1869年(明治2)高知藩参事となり、翌1870年政府の命で渡欧し、1873年外務省に出仕。この年征韓論に敗れて下野した板垣退助(いたがきたいすけ)に従い辞職。1874年4月土佐立志(りっし)社設立に参画し、1877年西南戦争に際し西郷(さいごう)軍に加担しようとして逮捕され、翌1878年8月禁獄10年の刑に処せられ1886年出獄。1887年三大事件建白運動に参加したため保安条例で東京を追われる。1890年高知県から衆議院議員に当選。1898年逓相、1900年(明治33)農商務相となり、1902年千葉県から代議士に当選し立憲政友会総務委員となるが、党内抗争で脱党。1908年政界を引き、余生を高知に送る。1914年(大正3)宿毛で真円真珠の養殖業を始めるなど、郷里の発展に尽力した。大正10年12月29日死去。[後藤 靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林有造の関連キーワード竹内綱高知県幡多郡黒潮町入野高知県幡多郡黒潮町浮鞭高知県幡多郡大月町柏島高知県幡多郡黒潮町鈴高知県幡多郡黒潮町灘高知県幡多郡高知県幡多郡三原村広野高知県幡多郡大月町弘見高知県幡多郡三原村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone