コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林間放牧 りんかんほうぼく forest grazing

1件 の用語解説(林間放牧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんかんほうぼく【林間放牧 forest grazing】

森林の下層植生を飼料として,林内に家畜を継続的に放牧しながら,林木の林業利用を行う作業形態。混牧林ともいう。広い意味では放牧を伴わず,飼料としての林内下草を定期的に刈りとる森林を含める場合もある。この作業法は世界の各地で行われてきたが,日本でも中国山地などで行われ,ササの多い森林ではササの飼料としての利用が試みられてきた。最近,畜産物の需要の増大,人工林化の進展,山地での草地造成の困難なことなどの条件のもとで,山地の集約的な利用形態の一つとして考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林間放牧の関連キーワード飼料畜舎牧養青刈飼料有畜綿実森林環境教育森林計画面積森林計画

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone