コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林業経営 りんぎょうけいえい

世界大百科事典 第2版の解説

りんぎょうけいえい【林業経営】

日本の森林は経営形態別に国有林公有林私有林に分けられる(公有林と私有林を合わせて民有林という)。国有林は森林総面積の3割に達する。その大部分は国土の背骨ともいうべき脊梁山脈などの奥地に存在し,全国保安林区域の5割,自然公園区域の4割を占めて,国土保全,水源涵養(かんよう)などに重要な役割を担っている。国有林の9割以上を所管する林野庁が管理・経営にあたっている。 1947年,農林省所管の都府県の国有林,内務省所管の北海道の国有林,宮内省所管の御料林が一本化され,同時に,国有林野事業の健全な発展のため国有林野事業特別会計制度が発足した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

林業経営の関連キーワードマックス エンドレスG. ピンショー森林・林業基本法流域管理システム林業専門技術員青木 恵一郎フィンランド森林国営保険林業試験場林業基本法林業経営体吉田 正男西垣 晋作高知(県)エンドレス林業事業体林業金融林木育種林業機械森林災害

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林業経営の関連情報