コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枚田弥兵衛 ひらた やへえ

2件 の用語解説(枚田弥兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

枚田弥兵衛 ひらた-やへえ

1691-1752 江戸時代中期の農民。
元禄(げんろく)4年生まれ。但馬(たじま)朝来郡加都市場(かついちば)村(兵庫県和田山町)の庄屋。元文3年(1738)惣百姓一揆(いっき)を指導し,壱岐(いき)島(長崎県)に流された。在島14年の宝暦2年10月16日死去。62歳。名は元重。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

枚田弥兵衛

没年:宝暦2.10.16(1752.11.21)
生年:元禄4(1691)
江戸中期の但馬国(兵庫県)生野代官所支配村々の一揆の指導者。名は元重とも。加都庄市場村(和田山町)の庄屋。持高50石余。元文3(1738)年12月,生野銀山一揆の影響を受けて,農村部でも租税の引き下げと夫食貸しを要求して蜂起。商人宅打ちこわしののち,生野代官所へ約3000人が強訴。弥兵衛は廻状にかかわったことにより壱岐島(長崎県)へ遠島となった。壱岐から但馬の妻や子供達へ送りつづけた書状が十数点残されており,先祖からの田畑・屋敷の相続,帰参の立願などを訴えている。壱岐では子供に手習いを教授し,島民に敬重された。<参考文献>『兵庫県史』4巻

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

枚田弥兵衛の関連キーワード越後屋枚田弥兵衛談義本ナッシュ滑稽本別子銅山抱え地厚顔抄嵯峨日記猿蓑

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone