架道橋(読み)かどうきょう(英語表記)overbridge

日本大百科全書(ニッポニカ)「架道橋」の解説

架道橋
かどうきょう
overbridge

道路鉄道線路を立体交差で越えるために架けられた。狭義では道路上を横断するものを跨道(こどう)橋、鉄道線路上を横断するものを跨線橋という。道路橋、鉄道橋、歩道橋などがある。架道橋では下を通る車両のために所要の桁下(けたした)空間を確保することが必要であり、また橋面を低くすることが経済的であるので、一般には桁橋以外では下路形式が用いられる。市街地などで多数の道路を立体的に横断することが必要な場合には、連続的に構成した高架橋とすることも多い。とくに鉄道の場合には線路勾配(こうばい)の制限からこのような構造のものが多い。

[小林昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「架道橋」の解説

かどう‐きょう〔カダウケウ〕【架道橋】

道路や鉄道線路の上をまたぐように架ける橋。道路上のものを跨道橋こどうきょう、鉄道上のものを跨線橋ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「架道橋」の解説

かどう‐きょう カダウケウ【架道橋】

〘名〙 道路の上方にかけた鉄道の橋。ガード。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android