跨線橋(読み)コセンキョウ

  • overbridge
  • ×跨線橋
  • こせんきょう ‥ケウ
  • こせんきょう〔ケウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

架道橋のうち鉄道線路を立体交差で越えるために架けられた橋。跨線道路橋、跨線歩道橋などがある。旅客駅などの旅客連絡用の跨線通路もその一種である。鉄道が道路の上を越える場合には跨道鉄道橋という。跨線橋では、下を通る鉄道のために所要の桁下(けたした)空間を確保すると同時に、経済上の理由から橋への取付け部分の距離を短くしたいため、構造高が制限されることが多い。桁橋以外では一般に下路(かろ)橋である。跨線橋と同じ目的の構造物に地下通路がある。

[小林昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鉄道線路の上を横切って架け渡した橋。
※軍艦茉莉(1929)〈安西冬衛〉曇日と停車場「曇天の下に妙に反れ曲ってゐる跨線橋の灰色を発見する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

跨線橋の関連情報