コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩道橋 ホドウキョウ

4件 の用語解説(歩道橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほどう‐きょう〔ホダウケウ〕【歩道橋】

歩行者の道路横断用に設けた橋。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほどうきょう【歩道橋 footbridge】

人の通行を目的とした橋。道路橋などにおいて,車道と歩道を分離するためにかけられるものもあるが,一般には道路や広場を横断してかけられる横断歩道橋を指す。日本では昭和40年代に交通安全施設等整備事業の中で横断歩道橋が急速に整備され,交通事故死者数を半減させることに大きく貢献した。しかし,反面では,階段の昇降,とくに高齢者や自転車乳母車,車いすなどの通行障害になることや,結果的に自動車交通流を優先していること,市街地の景観上好ましくないことなど,さまざまな批判も受けてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほどうきょう【歩道橋】

歩行者が道路を横断するためにかけた橋。横断歩道橋。渡道橋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歩道橋
ほどうきょう

歩行者のみの通行に供するための橋状の構造物。道路や鉄道線路の空間上を横断する目的では高架の歩道橋が建設される。交差点などでは、交差点上の空間を斜めにも通行できるように交差状や環状にした高架歩道橋が多い。高架歩道橋では橋脚と桁(けた)とを一体としたラーメン橋が普通である。橋への昇降には螺旋(らせん)階段式のものが多いが、乳母車(うばぐるま)の利用や老人や病人の便も配慮した、緩やかな坂道のような方式のものもある。高架歩道橋は道路交通の渋滞と交通事故の激増に対処するために1966年(昭和41)ごろから積極的に設置されるようになり、現在では重要交差点の多くに設置されている。
 歩道橋は安全施設としての機能を果たすことはいうまでもないが、付近の住民の生活と密接に関連するので、環境上および景観上の配慮も要求される。また、車両の運転者に心理的な圧迫感を与えないように注意しなければならない。そのために一般には簡明直截(ちょくせつ)で軽快なラーメン構造が好まれている。直線を多用し動感をもつものは高速道路などの雰囲気に合致し、曲線を主体とした柔らかい流動感をもつものは市街地などでも調和融合しよう。長大な歩道橋では斜張橋なども用いられている。橋上に模様を描いたり、プランターなどを設置した小公園的な楽しい雰囲気の歩道橋もある。[小林昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歩道橋の関連キーワード水路橋スクールゾーン一方通行下路橋上路橋生活道路通行手形道路橋通行銭コミュニティ道路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歩道橋の関連情報