コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柑子色 こうじいろ

3件 の用語解説(柑子色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

こうじいろ【柑子色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るい黄赤」としている。一般に、蜜柑みかんをやや薄くした色のこと。柑子はミカンの一種でコウジミカンの略。「カンジ」とも読む。色名としては蜜柑色よりも古い伝統色名。アカネ科クチナシとキク科ベニバナなどを合わせて染めたと伝えられる。こうの系統も含め、このようなみを帯びた黄色は仏教と関係が深い色とされる。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうじいろ【柑子色】

赤みをおびた黄色。だいだい色。凶事に赤に代えて用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

柑子色の関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone