コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柑子色 こうじいろ

色名がわかる辞典の解説

こうじいろ【柑子色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るい黄赤」としている。一般に、蜜柑みかんをやや薄くした色のこと。柑子はミカンの一種でコウジミカンの略。「カンジ」とも読む。色名としては蜜柑色よりも古い伝統色名。アカネ科クチナシとキク科ベニバナなどを合わせて染めたと伝えられる。こうの系統も含め、このようなみを帯びた黄色は仏教と関係が深い色とされる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうじ‐いろ〔カウジ‐〕【×柑子色】

赤みがかった黄色。だいだい色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじいろ【柑子色】

赤みをおびた黄色。だいだい色。凶事に赤に代えて用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柑子色の関連キーワード蜜柑色凶事柑子色名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android