コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柚木玉邨 ゆのき ぎょくそん

美術人名辞典の解説

柚木玉邨

日本画家。備中生。名は方、字は子爰、通称は梶尾。胡鉄梅画法を学び、清の四天を研究し、詩文・書も能くした。昭和18年(1943)歿、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柚木玉邨 ゆのき-ぎょくそん

1865-1943 明治-昭和時代前期の日本画家。
慶応元年8月22日生まれ。第八十六国立銀行取締役,のち岡山県農会幹事。清(しん)(中国)の胡鉄梅(こ-てつばい)に文人画をまなぶ。書,詩文にも長じた。昭和18年10月25日死去。79歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。帝国大学卒。名は方啓。字(あざな)は子爰。通称は梶雄。別号に瓊島仙館。著作に「玉邨画話」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柚木玉邨の関連キーワード大野昭和斎柚木久太

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android