コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳之御所跡 やなぎのごしょあと

大辞林 第三版の解説

やなぎのごしょあと【柳之御所跡】

岩手県平泉町の北上川岸にある館跡。平安時代末の建物・堀・陶磁器が出土し、陸奥むつ国藤原氏の政庁、平泉館と確定した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

柳之御所跡【やなぎのごしょあと】

岩手県平泉町にある奥州藤原氏のものとみられる居館跡。東を北上川,西を猫間ヶ淵に限られ,最大長725m,最大幅212m,面積は約10万m2に及ぶ。外周に濠をめぐらし,その中に塀で囲まれた中心区画があり,掘立柱建物の東西棟が確認されている。
→関連項目無量光院跡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

柳之御所跡の関連キーワード平泉[町]藤原秀衡源義経平泉館

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android