コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原忠光 やなぎわら ただみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳原忠光 やなぎわら-ただみつ

1334-1379 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
建武(けんむ)元年生まれ。柳原資明(すけあき)の子。蔵人頭(くろうどのとう)などをつとめ,康安元=正平(しょうへい)16年参議兼左大弁となる。北朝につかえ,後光厳(ごこうごん)院の執権,評定衆をつとめた。権(ごんの)大納言,従一位。永和5=天授5年1月19日死去。46歳。法名は道寂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳原忠光の関連キーワード南北朝時代柳原資衡町資藤