コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川春三 やながわしゅんさん

世界大百科事典 第2版の解説

やながわしゅんさん【柳川春三】

1832‐70(天保3‐明治3)
洋学者。新聞界の先駆者としても著名。名古屋の生れで,本名は西村辰助,のち良三。尾張藩の砲術家上田帯刀(たてわき),医家伊藤圭介蘭学を学び,1856年(安政3),江戸に出て柳川春三と名のる。翌57年,和歌山藩の重臣水野土佐守忠央の知遇を得て同藩の蘭学所出仕。64年さらに江戸幕府の開成所(もとの洋書調所)教授となり,68年3月には同所頭取に任ぜられている。語学の才能が豊かで,蘭学のほか英語,フランス語にも熟達し,多数の翻訳書を出版して西欧学術の導入に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の柳川春三の言及

【雑誌】より

…一定の間隔をおき長期にわたって刊行を続ける出版物。新聞や印刷通信物などとあわせて定期刊行物periodical,または図書館などにおいては逐次刊行物などと呼ばれることもあるが,新聞などにくらべると1号ごとの内容的なまとまりが強く,発行間隔がより長いことに耐えうるような編集,印刷,造本などの配慮がなされる。継続刊行ではあっても,双書などのように当初から全容がはっきりしていてその部分をかさねてゆくのとは異なり,1号ごとの刊行が主眼となり誌齢は試行の発展(または縮小)として結果する。…

【西洋雑誌】より

…幕末・維新期に定期的に発行された日本最初の雑誌。洋学者柳川春三(やながわしゆんさん)が1867年(慶応3)10月に創刊し,69年9月に第6号で廃刊した。ヨーロッパの歴史,物理,化学などの啓蒙記事を掲載し,ヨーロッパの学問の啓蒙に貢献した。柳川のほか宇都宮三郎,神田孝平(たかひら),田中芳男らが執筆陣に加わっている。【山本 武利】…

※「柳川春三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柳川春三の関連キーワード西洋雑誌雑誌

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android