コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋雑誌 せいようざっし

5件 の用語解説(西洋雑誌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西洋雑誌
せいようざっし

幕末から明治初年にかけて発行された民間啓蒙雑誌。慶応3 (1867) 年 10月創刊。神田孝平らの知識人が執筆し,社会事象のみならず,哲学,宗教から自然科学にわたって啓蒙的論述を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西洋雑誌【せいようざっし】

1867年柳河(やながわ)春三が創刊した雑誌。いわゆる〈マガジンmagazine〉を目ざすと称し,ヨーロッパの歴史や科学関係の啓蒙記事を載せ,第5号まで月刊,一時中絶後1869年第6号で廃刊。
→関連項目雑誌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいようざっし【西洋雑誌】

幕末・維新期に定期的に発行された日本最初の雑誌。洋学者柳川春三(やながわしゆんさん)が1867年(慶応3)10月に創刊し,69年9月に第6号で廃刊した。ヨーロッパの歴史,物理,化学などの啓蒙記事を掲載し,ヨーロッパの学問の啓蒙に貢献した。柳川のほか宇都宮三郎神田孝平(たかひら),田中芳男らが執筆陣に加わっている。【山本 武利】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいようざっし【西洋雑誌】

1867年(慶応3)柳河春三が創刊した日本最初の定期刊行雑誌。主に西洋の自然科学事情を紹介した。69年の巻六まで発行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西洋雑誌
せいようざっし

洋学者柳河春三(やながわしゅんさん)が1867年(慶応3)10月に創刊したわが国最初の月刊雑誌。創刊の意図は、西欧において月々出版されているマガセイン(マガジン=雑誌)に倣い「広く天下の奇説を集めて、耳目を新(あらた)にせん」がためであった。内容は、西欧諸国の歴史や人物伝のほか、化学、植物、鉱物などに関する新しい知識の翻訳紹介が中心になっている。執筆者は柳河のほか、神田孝平(たかひら)、田中芳男(よしお)、宇都宮鉱之進、喫霞(きつか)仙史である。巻五まで発行して中絶、69年(明治2)9月、巻六を発行したが、柳河の病死により自然廃刊。木版、和紙小形本。発行所は江戸開物社。[矢作勝美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西洋雑誌の言及

【雑誌】より

…もとは倉庫や貯蔵庫を意味したこの語が18世紀なかばには雑誌をさすことばとして定着して,アメリカ最初の雑誌が41年にフィラデルフィアで2誌生まれたときにも,その名は《アメリカン・マガジンAmerican Magazine》(創業者ベドフォードAndrew Bedford),《ゼネラル・マガジンGeneral Magazine》(同B.フランクリン)であった。日本最初の雑誌は1867年(慶応3)に柳川春三(やながわしゆんさん)が創刊した《西洋雑誌》である。これは,江戸幕府の洋書調所の洋学者たちの研究グループであった会訳社が発行主体となって,主としてオランダの雑誌から重要記事を翻訳編集したものであった。…

【雑誌広告】より

…山東京伝の黄表紙《箕間尺三人酩酊(みけんじやくさんにんなまえい)》(1794)を雑誌とみなすならば,それに載せた紙タバコ入れ店開業広告が(4)の最初のものとなる。 1867年(慶応3)刊行の《西洋雑誌》を日本雑誌の祖とすれば雑誌広告の嚆矢は巻5掲載の中外堂の書籍広告といえよう。徳富蘇峰の《国民之友》第6号(1887)に〈之に広告するの有益なる恐らくは日刊新聞の比に非ざるべし〉の社告があるように,雑誌広告は雑誌媒体の成長とともに注目を集めた。…

※「西洋雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西洋雑誌の関連キーワード政商旅鳥イシュー会誌週報定期的創刊号赤伝フルークブラットF-1 Visa

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone