コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川琴風 やながわ きんぷう

美術人名辞典の解説

柳川琴風

俳人。号に絮蘿架・白鵠堂。姓に柳川・生玉河東。摂津東成郡の人。一柳軒不卜・芭蕉其角に師事。著書に『瓜作』『豊鼻牛』がある。享保11年(1726)歿、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川琴風 やながわ-きんぷう

1667-1726 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文7年生まれ。摂津東成郡(大阪府)の人。江戸で岡村不卜(ふぼく),松尾芭蕉(ばしょう),榎本其角(えのもと-きかく)にまなぶ。元禄(げんろく)4年江戸俳人の秀作集「俳諧瓜作(はいかいうりつくり)」をあんだ。享保(きょうほう)11年2月7日死去。60歳。姓は別に生玉(いくたま),河東。別号に絮蘿架(じょらか),白鵠(はっこく)堂。編著はほかに「豊牛鼻(とようしはな)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柳川琴風の関連キーワード生玉琴風石内朝叟琴風

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android