柳沢時睦(読み)やなぎさわ ときちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳沢時睦 やなぎさわ-ときちか

1696-1750 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)9年6月12日生まれ。柳沢吉保(よしやす)の5男。宝永6年長兄の甲斐(かい)(山梨県)府中藩主柳沢吉里より,次兄経隆(つねたか)とともに新田1万石を分与される。享保(きょうほう)9年宗藩の大和(奈良県)郡山(こおりやま)への転封(てんぽう)にともない,同年越後(えちご)(新潟県)三日市藩主柳沢家初代となる。病弱のため3ヵ月で隠居した。寛延3年4月24日死去。55歳。通称は左門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

柳沢時睦 (やなぎさわときちか)

生年月日:1696年6月12日
江戸時代中期の大名
1750年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android