柳絮の才(読み)りゅうじょのさい

故事成語を知る辞典「柳絮の才」の解説

柳絮の才

女性が機知に富んでいて、才能にあふれていることをいうことば。

[由来] 「世説新語―言語」に出て来るエピソードから。四世紀の中国、とうしん王朝の時代。しゃあんという貴族が、雪の降る日に一族を集めて、文学談義をしていました。そのうちに雪が激しくなってきたので、謝安が「この雪を何にたとえたらよかろう?」と言ったところ、しゃろうというは「空中にばらまかれた塩でしょうか」という答え。しゃどううんというは、「いま柳絮の風に因りて起こるにかず(風に舞うヤナギの方が、もっといいでしょう)」と述べたので、謝安は大いに喜んだということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「柳絮の才」の解説

りゅうじょ【柳絮】 の 才(さい)

(中国、の謝安が、急に降りだした雪を何に似るかと問うた時、甥の謝朗が「撒塩空中差可擬」と答えたのに対して、姪の謝道韞(どううん)が、「未柳絮因風起」と言って謝安を感心させたという、「世説新語‐言語」「晉書‐烈女伝・王凝氏妻謝氏」に見える故事による) 非凡な才女をいう。〔増補改版や、は便利だ(1922)〕 〔蘇軾‐謝人見和雪後書北台壁詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android