コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謝安 しゃあんXie An; Hsieh An

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謝安
しゃあん
Xie An; Hsieh An

[生]太興3(320)
[没]太元10(385)
中国,東晋 (→) の名臣。字は安石。陳郡陽夏 (河南省) の人。 40歳を過ぎてから官途についた。桓温 (かんおん) が東晋朝を倒しみずから王朝を建てようとする野望をもっていたが,よくそれを食止めた。前秦の苻堅大挙南下しようとした際,東晋側の統率者として,弟謝石,甥謝玄らを指揮してそれを迎え撃ち,淝水で大勝した (→淝水の戦い) 。彼は東晋初期の王導と並ぶ功臣であるが,当時第一流の文化人でもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃあん【謝安 Xiè Ān】

320‐385
中国,東の名宰相。字は安石。陳郡陽夏(河南省太康県)が本籍の人であるが,会稽(浙江省)上虞(じようぐ)に寓居して,早くから大人物と目されながら王羲之らと風流自適の生活を楽しみ,40歳を過ぎてはじめて出仕した。中央に地位を占めてからは,東晋を奪おうとする桓温(かんおん)の野望をくじき,383年(太元8)には甥の謝玄らを派遣して,南下する前秦苻堅(ふけん)の大軍を淝水(ひすい)に破った(淝水の戦)。行書にも巧みで教養豊かな彼のおおらかな政治のやり方は,貴族政治の典型とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃあん【謝安】

320~385) 中国、東晋の政治家。字あざなは安石。書をよくし、王羲之らと交わり、清談・遊宴をこととしたが、のち朝廷に招かれ、桓温かんおんの簒奪さんだつの野望をくだき、前秦の苻堅ふけんの大軍を淝水ひすいに破った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

謝安
しゃあん
(320―385)

中国、東晋(とうしん)中期の政治家。字(あざな)は安石。陳郡陽夏(河南省)の名族出身。初め会稽(かいけい)(浙江(せっこう)省)の荘園(しょうえん)で王羲之(おうぎし)らと悠々自適して40歳で出仕、尚書僕射(しょうしょぼくや)、司徒(しと)、太保(たいほ)を歴任した。度量が広く洞察力に富み、長期的展望のもとに国家秩序の樹立に努め、計略で軍閥桓温(かんおん)の簒奪(さんだつ)を阻むとともに甥(おい)の謝玄を用いて前秦(ぜんしん)符堅(ふけん)の大軍を(ひすい)の戦いで撃退するなど、東晋王朝をもり立てた。また音楽、行書、清談に優れた文化界の領袖(りょうしゅう)で、高踏的気風と相まって「風流宰相」と慕われ、後世においても大臣の模範とされた。[安田二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

謝安の関連キーワード晋(中国の王朝)詠雪の才柳絮の才蘭亭の会蘭亭序謝霊運清談遊宴簒奪江左皎然

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android