柳葉魚(読み)シシャモ

デジタル大辞泉の解説

ししゃも【柳魚】

《アイヌ語から》キュウリウオ科の海水全長約15センチ。体は細長く側扁する。背側は暗黄色、腹側は銀白色。秋、北海道の太平洋沿岸の河川に上って産卵する。美味。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シシャモ【柳葉魚】

〔アイヌ語ススハム(柳の葉の意)から〕
サケ目の海魚。全長約15センチメートル。体形は細長く、ワカサギに似る。体色は淡い銀白色。北海道南東部の太平洋沿岸に分布、産卵期に大群をなして川を上る。干物とし、卵を抱いた雌が美味。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

柳葉魚 (シシャモ)

動物。キュウリウオ科の沿岸性魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ししゃも【柳葉魚】

〘名〙 (susam) キュウリウオ科の海産魚。体は細長く側扁し、体長約一五センチメートルに達する。体形ワカサギに似るが、口が大きく、多数の歯がある。体色は背が暗黄色で腹は銀白色。成熟した雄は全身黒褐色でひれが大きく、雌は全体が白っぽくなる。沿岸の水深二〇~三〇メートル付近に生息しているが、秋には産卵のために群れをなして川をのぼる。アイヌの伝説では、散りゆくの葉を神が哀れんで魚にしたという。丸干しにして食用とし、特に子持ちの雌は美味。北海道の太平洋沿岸に分布する。日本固有種。《・冬》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳葉魚の関連情報