コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴太一郎 しば たいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴太一郎 しば-たいちろう

1839-1923 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)10年生まれ。柴四朗,柴五郎の兄。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。藩主松平容保(かたもり)の京都守護職就任にしたがって京都におもむく。軍事奉行添役として鳥羽・伏見の戦いに出陣し,のち長岡,会津に転戦。戦後,斗南(となみ)(青森県)に移住し,同藩の創立につくすが,糧米の代金事件に連座し入獄。のち会津にかえり,大沼・南会津郡長。大正12年4月28日死去。85歳。名は盛道。通称ははじめ秀次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴太一郎の関連キーワード明治時代天保官吏

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android