コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴太一郎 しば たいちろう

1件 の用語解説(柴太一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴太一郎 しば-たいちろう

1839-1923 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)10年生まれ。柴四朗,柴五郎の兄。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。藩主松平容保(かたもり)の京都守護職就任にしたがって京都におもむく。軍事奉行添役として鳥羽・伏見の戦いに出陣し,のち長岡,会津に転戦。戦後,斗南(となみ)(青森県)に移住し,同藩の創立につくすが,糧米の代金事件に連座し入獄。のち会津にかえり,大沼・南会津郡長。大正12年4月28日死去。85歳。名は盛道。通称ははじめ秀次。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴太一郎の関連キーワードタンジマート西川扇蔵新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧奥健蔵キネマ旬報日活(株)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone