コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴四朗 しばしろう

4件 の用語解説(柴四朗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴四朗
しばしろう

「東海散士 (とうかいさんし)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴四朗 しば-しろう

1853*-1922 明治-大正時代の政治家,小説家。
嘉永(かえい)5年12月2日生まれ。柴五郎の兄。会津藩士の子として上総(かずさ)(千葉県)の会津陣屋に生まれ,会津落城を体験。明治12年アメリカに留学,経済学をまなぶ。18年に帰国後,弱小民族の独立への悲願をえがいた政治小説佳人之奇遇」を発表。25年衆議院議員となり(当選11回),進歩党,憲政本党,大同倶楽部(クラブ)の幹部として活躍した。大正11年9月25日死去。71歳。号は東海散士

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

しばしろう【柴四朗】

東海散士とうかいさんしの本名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴四朗
しばしろう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柴四朗の言及

【東海散士】より

…政治家,小説家,ジャーナリスト。本名柴四朗。安房国(千葉県)生れ。…

※「柴四朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柴四朗の関連キーワード肝付兼行秋乕太郎大津康宗般玄芳関信之介田中不二恒松隆慶橋本善右衛門古川勝次郎本岡三千治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone