コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴四朗 しば しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴四朗 しば-しろう

1853*-1922 明治-大正時代の政治家,小説家。
嘉永(かえい)5年12月2日生まれ。柴五郎の兄。会津藩士の子として上総(かずさ)(千葉県)の会津陣屋に生まれ,会津落城を体験。明治12年アメリカに留学,経済学をまなぶ。18年に帰国後,弱小民族の独立への悲願をえがいた政治小説「佳人之奇遇」を発表。25年衆議院議員となり(当選11回),進歩党,憲政本党,大同倶楽部(クラブ)の幹部として活躍した。大正11年9月25日死去。71歳。号は東海散士。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しばしろう【柴四朗】

東海散士とうかいさんしの本名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴四朗
しばしろう

東海散士」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴四朗
しばしろう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の柴四朗の言及

【東海散士】より

…政治家,小説家,ジャーナリスト。本名柴四朗。安房国(千葉県)生れ。…

※「柴四朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柴四朗の関連キーワード東海 散士国民同盟会大正時代柴太一郎二六新報木村信二嘉永

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android