コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴崎友香 しばさきともか

3件 の用語解説(柴崎友香の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

柴崎友香

日本の小説家。1973年、大阪府生まれ。97年に大阪府立大学を卒業後、機械メーカーに勤務。99年、短編「レッドイエローオレンジ、オレンジ、ブルー」が雑誌「文藝」(河出書房新社)の別冊に掲載され文壇デビュー。2000年『きょうのできごと』(河出書房新社)で単行本デビューし、同作は04年に「きょうのできごと a day on the planet」(行定勲監督)として映画化された。06年に発表した『その街の今は』(新潮社)が第136回芥川賞候補となり、第57回芸術選奨文部科学大臣新人賞、第23回織田作之助賞大賞、06年度咲くやこの花賞を受賞し、関西テレビでテレビドラマ化もされた。07年の『主題歌』(講談社)、10年の『ハルツームわたしはいない』(新潮社)の両作も芥川賞候補となる。10年『寝ても覚めても』(河出書房新社)で第32回野間文芸新人賞受賞。14年7月、「春の庭」(雑誌「文学界」に発表)で第151回芥川賞を受賞した。

(2014-7-22)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

しばさき‐ともか【柴崎友香】

[1973~ ]小説家。大阪の生まれ。「その街の今は」で芸術選奨文部科学大臣新人賞と織田作之助賞大賞、「春の庭」で芥川賞を受賞。他に「きょうのできごと」「寝ても覚めても」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴崎友香 しばさき-ともか

1973- 平成時代の小説家。
昭和48年10月20日生まれ。平成11年「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」で作家デビュー。12年「きょうのできごと」が初の単行本。19年「その街の今は」で織田作之助賞,芸術選奨文部科学大臣新人賞。22年「寝ても覚めても」で野間文芸新人賞。26年離婚歴のある男性美容師と隣人の女性たちの日常生活をえがいた「春の庭」が4回目のノミネートで芥川賞を受賞。大阪府出身。大阪府立大卒。著作・作品はほかに「トーキング・アバウト・ミー」「主題歌」「ドリーマーズ」「ビリジアン」「わたしがいなかった街で」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴崎友香の関連キーワードポセイドンあべ静江誠直也バビル2世自動車工業造船業中南米映画扶養義務惑星探査機文学賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柴崎友香の関連情報