コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴崎友香 しばさきともか

3件 の用語解説(柴崎友香の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

柴崎友香

日本の小説家。1973年、大阪府生まれ。97年に大阪府立大学を卒業後、機械メーカーに勤務。99年、短編「レッドイエローオレンジ、オレンジ、ブルー」が雑誌「文藝」(河出書房新社)の別冊に掲載され文壇デビュー。2000年『きょうのできごと』(河出書房新社)で単行本デビューし、同作は04年に「きょうのできごと a day on the planet」(行定勲監督)として映画化された。06年に発表した『その街の今は』(新潮社)が第136回芥川賞候補となり、第57回芸術選奨文部科学大臣新人賞、第23回織田作之助賞大賞、06年度咲くやこの花賞を受賞し、関西テレビでテレビドラマ化もされた。07年の『主題歌』(講談社)、10年の『ハルツームわたしはいない』(新潮社)の両作も芥川賞候補となる。10年『寝ても覚めても』(河出書房新社)で第32回野間文芸新人賞受賞。14年7月、「春の庭」(雑誌「文学界」に発表)で第151回芥川賞を受賞した。

(2014-7-22)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しばさき‐ともか【柴崎友香】

[1973~ ]小説家。大阪の生まれ。「その街の今は」で芸術選奨文部科学大臣新人賞と織田作之助賞大賞、「春の庭」で芥川賞を受賞。他に「きょうのできごと」「寝ても覚めても」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴崎友香 しばさき-ともか

1973- 平成時代の小説家。
昭和48年10月20日生まれ。平成11年「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」で作家デビュー。12年「きょうのできごと」が初の単行本。19年「その街の今は」で織田作之助賞,芸術選奨文部科学大臣新人賞。22年「寝ても覚めても」で野間文芸新人賞。26年離婚歴のある男性美容師と隣人の女性たちの日常生活をえがいた「春の庭」が4回目のノミネートで芥川賞を受賞。大阪府出身。大阪府立大卒。著作・作品はほかに「トーキング・アバウト・ミー」「主題歌」「ドリーマーズ」「ビリジアン」「わたしがいなかった街で」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

柴崎友香の関連キーワード西加奈子和田竜ゴンクール桜田常久朱川湊人吉村万一ゴーゴリ伝飯干晃一横山美智子吉村萬壱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柴崎友香の関連情報