柴崎城(読み)しばさきじょう

日本の城がわかる事典の解説

青森県北津軽郡中泊(なかどまり)町にあった城。中世、津軽一帯の大勢力であった安東氏が居城としていた福島城(五所川原市)の支城と位置づけられている。同城跡とされている場所が龍飛崎(たっぴざき)の南約20km、津軽半島の一部を構成する尾崎半島の北側の小泊(こどまり)地区にある。南方の南部氏は1443年(嘉吉3)、安東氏が拠点としていた十三湊(とさみなと)を攻めた。その際、京都の醍醐寺座主の日記『満済准后日記(まんさいじゅごうにっき)』や松前藩の事績を記した『新羅之記録』によれば、安東氏当主の安東盛季(もりすえ)は籠城・防戦ののち、残兵を率いて福島城を脱して唐川城(同市)に、次いで、この柴崎城に逃れた。しかし、南部氏の攻撃を支えきれず、この地から蝦夷地(北海道)へと脱出した。『新羅之記録』には「柴館」と記されているが、これが柴崎城とされている。城跡は神明宮の境内を中心とした一帯で、神明宮(柴崎神社)には主郭跡とされている細長い平場やそれを取り巻く平場、堀跡、土塁跡が残っている。ただし、これらは神明宮を建立した際に整備されたものという説もあり、この場所が柴崎城(柴館)跡かどうかについては確定されていない。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android