コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泊 こどまり

2件 の用語解説(小泊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小泊
こどまり

青森県北西部,飛び地をなす中泊町北部の旧村域。津軽半島の北西端にある。 1889年村制。 2005年南東方にある中里町と合体,中泊町となった。ほとんどが山岳地帯,国有林で耕地が狭く,半農半漁が営まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小泊
こどまり

青森県北西部、北津軽(つがる)郡、津軽半島の先端部にあった旧村名(小泊村(むら))。現在は五所川原(ごしょがわら)市の北部をはさんで南北に分かれる中泊町(なかどまりまち)の北部にあたる地域。2005年(平成17)、北津軽郡中里(なかさと)町と合併、中泊町となった。旧村域の西は日本海、北は津軽海峡に面している。大部分が山地で、平地は小泊川の流域にわずかにみられる。小泊港は古くから日本海を航行する船の避難場所であった。前面の海域はタラ、ニシン、アワビなどの豊富な漁場であったが、現在はイカ漁が中心。旧村域の大部分は津軽国定公園に含まれる。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小泊の関連キーワード青森県北津軽郡中泊町芦野青森県北津軽郡中泊町尾別青森県北津軽郡青森県北津軽郡中泊町高根青森県北津軽郡中泊町田茂木青森県北津軽郡中泊町富野青森県北津軽郡中泊町豊岡青森県北津軽郡中泊町豊島青森県北津軽郡中泊町中里青森県北津軽郡中泊町宮川

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小泊の関連情報