コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍飛崎 たっぴざき

2件 の用語解説(龍飛崎の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕龍飛崎(たっぴざき)


青森県津軽(つがる)半島北端の岬。津軽海峡を隔てて北海道の白神(しらかみ)岬と対する。年中強風が吹き、荒波に削られた海岸は100mもの断崖(だんがい)をなす。直下を青函(せいかん)トンネルが通る。竜飛埼(たっぴさき)灯台がある。津軽国定公園に属し、奇岩や海食洞の荒々しい海岸風景がみられる。近くの青函トンネル記念館では坑道見学もできる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍飛崎
たっぴざき

青森県北西部、津軽(つがる)半島北端の岬。東津軽郡外ヶ浜(そとがはま)町三厩龍浜(みんまやたつはま)に属す。半島の脊梁(せきりょう)をなす津軽山地が岬まで延び、付近は標高約100メートルの台地で、急崖(きゅうがい)をなして海に落ちている。台地上には龍飛埼灯台がある。崖下の狭い海辺に竜飛の集落があり、漁家が密集している。イカ漁をはじめ、コンブ、アワビとりなどに依存し、イカ漁の最盛期には道路沿いがイカのカーテンで覆われる。竜飛集落には、太宰治(だざいおさむ)の小説『津軽』の一節を刻んだ文学碑がある。竜飛海岸遊歩道もあり、一帯は津軽国定公園の一部。なお、1971年(昭和46)以来、青函(せいかん)トンネル(1988年開通)の本州側の工事基地が置かれていた。JR津軽線三厩駅からバスの便がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍飛崎の関連キーワード津軽国定公園津軽半島津軽山唄今別つがる津軽承叙津軽承保津軽信著津軽信寧津軽信義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

龍飛崎の関連情報