コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田勝世 しばた かつよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田勝世 しばた-かつよ

?-1848 江戸時代後期の武士。
土佐高知藩士。京都留守役をつとめ,国学,和歌にすぐれる。天保(てんぽう)11年(1840)光格天皇死去に際し,武家慣例をやぶって藩邸の正月の門飾りを廃して謹慎。これが先例となり,慶応2年孝明天皇死去時には,幕命により迎春の行事が禁じられた。嘉永(かえい)元年9月4日死去。通称は長五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴田勝世の関連キーワード一八四八年の革命三月革命マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android