コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿落し こけらおとし

百科事典マイペディアの解説

柿落し【こけらおとし】

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こけらおとし【柿落し】

劇場が新築あるいは改築して初開場することをいう。古くは劇場の屋根を柿葺き(こけらぶき)にしていたが,屋根や足場に残る柿(木片)を払い落としてはじめて完成に至った。そこで柿落しが初開場を意味するようになったようであるが,語源ははっきりしない。〈柿葺落し〉と書くのは誤り。現在は語源に関わりなく,新築あるいは改築の開場を記念して行う興行をいう。この興行に先立ち,開場式が行われ〈翁渡し〉があり《式三番叟》が演じられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落し
こけらおとし

葺落し」とも書く。劇場が新築または改築をして、初開場することをいう。(こけら))の原義は、木材の削りくずで、転じて板屋根を葺(ふ)くのに用いる薄い木材をさす。古くは劇場は瓦(かわら)が許されず(こけらぶ)きの建築であったことから、葺きが終わり、屋根の上に残っている雑多な(木片)を払い落とせば建築の完成を意味するようになったという。今日の興行でも落しには特別な座組をつくって華やかに行い、最初に式三番(しきさんば)を演ずるなど、儀式的なおもかげを残している。[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

柿落しの関連キーワードオーガスト・エミール・D.F.V. ウィルヘルミ服部幸雄

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android