栂桜(読み)ツガザクラ

デジタル大辞泉の解説

つが‐ざくら【×栂桜】

ツツジ科の常緑小低木。中部地方以北の高山に生え、高さ10~15センチ。茎は地をはい、先は直立してツガに似た葉を密につける。7月ごろ、淡紅色のつり鐘状の花を開く。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つがざくら【栂桜】

ツツジ科の常緑小低木。高山に生え、栽培もされる。高さ10~20センチメートル。葉は線形で密に互生しツガに似る。夏、枝頂から花柄を数個出し、淡紅色鐘形の花を下垂してつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

栂桜 (ツガザクラ)

学名:Phyllodoce nipponica
植物。ツツジ科の常緑小低木,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android