コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツガ

デジタル大辞泉の解説

つが【×栂】

マツ科の常緑高木。福島県以南の山地自生樹皮は縦に裂け、葉は短い針状で2列に並んで密生。4月ごろ、雄花雌花とをつけ、球果は下を向く。材は建築やパルプに使われ、樹皮からタンニンをとる。つがまつ。とが。
[補説]「栂」は国字

とが【×栂】

ツガ別名
[補説]「栂」は国字。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つが【栂】

マツ科の常緑高木。山地に自生。幹は直立し、30メートルに達する。葉は線形で枝に二列に密生する。雌雄同株。雌花・雄花とも枝端に単生。球果は小さい長卵形。材は建材・器具材・パルプに、樹皮からはタンニンをとる。近縁種にコメツガ・カナダツガなど。トガ。栂の木。

とが【栂】

つが(栂)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

栂 (ツガ・トガ)

学名:Tsuga sieboldii
植物。マツ科の常緑針葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

栂の関連キーワード米檜、米松、米ひば、米栂長野県北安曇郡小谷村泉北ニュータウン弥生(旧町名)小谷[村]親ノ原高原宿紙上下座陶邑窯址群小谷(村)桂本万葉集佐伯[市]藤井高尚ベイツガ佐伯惟治雌雄同株吉村和紘春日竜神松井栂谷ツツジ科栂の木の

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栂の関連情報