栃内 曽次郎(読み)トチナイ ソウジロウ

20世紀日本人名事典の解説

栃内 曽次郎
トチナイ ソウジロウ

明治〜昭和期の海軍大将 連合艦隊司令長官;貴院議員(勅選)。



生年
慶応2年6月8日(1866年)

没年
昭和7(1932)年7月12日

出生地
陸中国巌手郡上田村(岩手県盛岡市)

学歴〔年〕
札幌農学校予科卒,海軍兵学校〔明治10年〕卒,海軍大学校〔明治24年〕卒

経歴
明治21年海軍少尉。27〜8年の日清戦争には大尉で従軍、30年“浅間”回航員で英国出張。37〜8年日露戦争では大佐となり“八幡丸”“須磨”艦長とした活躍。42年少将、大正3年中将、9年大将となった。この間軍務局長、練習艦隊司令官、大湊要港部司令官、第2艦隊司令長官。日独戦役に第3戦隊、第4戦隊各司令、艦政本部長、海軍次官を歴任。大正10年第1艦隊司令長官、佐世保鎮守府司令長官を経て、13年退役。昭和7年勅選貴院議員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

栃内 曽次郎
トチナイ ソウジロウ


肩書
貴院議員(勅選),連合艦隊司令長官

生年月日
慶応2年6月8日(1866年)

出生地
陸中国巌手郡上田村(岩手県盛岡市)

学歴
札幌農学校予科卒 海軍兵学校〔明治10年〕卒 海軍大学校〔明治24年〕卒

経歴
明治21年海軍少尉。27〜8年の日清戦争には大尉で従軍、30年“浅間”回航員で英国出張。37〜8年日露戦争では大佐となり“八幡丸”“須磨”艦長とした活躍。42年少将、大正3年中将、9年大将となった。この間軍務局長、練習艦隊司令官、大湊要港部司令官、第2艦隊司令長官。日独戦役に第3戦隊、第4戦隊各司令、艦政本部長、海軍次官を歴任。大正10年第1艦隊司令長官、佐世保鎮守府司令長官を経て、13年退役。昭和7年勅選貴院議員。

没年月日
昭和7年7月12日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

栃内 曽次郎 (とちない そうじろう)

生年月日:1866年6月8日
明治時代-昭和時代の海軍軍人。大将;貴族院議員
1932年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android