栄峰覚秀(読み)えいほう かくしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栄峰覚秀 えいほう-かくしゅう

?-1453 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)金剛寺の明林宗哲(みょうりん-そうてつ)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,加賀仏陀寺の住持となる。のち陸奥(むつ)三春(福島県)に天沢寺をひらいた。享徳2年9月25日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android