コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄常 えいじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栄常 えいじょう

?-? 奈良時代の僧。
天平(てんぴょう)(729-749)のころ,山城(京都府)高麗寺でいつも法華経読誦(どくじゅ)していた。ある日,俗人と碁をうったとき,相手が栄常をあざけると,俗人はたちまち口がまがり死んでしまった。法華行者をあざけるとそれだけでこうした災いにあうのだと,人々は話しあったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栄常の関連キーワード奈良時代高麗寺跡天平

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android