コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄海 ようかい

3件 の用語解説(栄海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栄海 ようかい

えいかい

栄海 えいかい

1278-1347 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)元年生まれ。真言宗勧修寺(かじゅうじ)慈尊院の聖済(しょうぜい)から灌頂(かんじょう)をうける。同院をつぎ,のち神護寺別当などをへて,康永4=興国6年東寺長者となる。後醍醐(ごだいご)天皇の帰依(きえ)をうけ,灌頂印可をさずけた。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年8月16日死去。70歳。俗姓は藤原。通称は慈尊院僧正,民部卿僧正。法名は「ようかい」ともよむ。著作に「儼避羅鈔(げんぴらしょう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

栄海

没年:貞和3/正平2.8.16(1347.9.21)
生年:弘安1(1278)
南北朝期の真言宗の僧。「ようかい」ともいう。藤原俊業の子。後醍醐天皇の帰依あつく,その国師として灌頂印可を授けたことで有名。醍醐寺に密教を修学。慈尊院,随心院,神護寺などを経て,貞和1/興国6(1345)年東寺長者。弟子に杲宝がいる。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄海の関連キーワード世尊寺伊俊大覚寺統向阿雲山智越巨勢惟久三条実忠大用慧堪道玄(2)明叟斉哲良暁(2)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栄海の関連情報