栗名月(読み)クリメイゲツ

大辞林 第三版の解説

くりめいげつ【栗名月】

陰暦9月一三夜の月の別名。栗を供えて月見をする風習がある。豆名月。後のちの月。 [季] 秋。 → 芋名月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くり‐めいげつ【栗名月】

〘名〙 陰暦九月十三夜の月。この夜の月見に栗を供えるところからいう。豆名月。後(のち)の月。《季・秋》
※俳諧・犬子集(1633)五「しみなるは栗名月の光かな〈貞徳〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の栗名月の言及

【十三夜】より

…旧暦9月13日の夜のことで,豆名月,栗名月とも呼ばれる。八月十五夜と併せて,〈片月見はするものではない〉と伝えられている。…

※「栗名月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

栗名月の関連情報