コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗崎道喜(2代) くりさき どうき

1件 の用語解説(栗崎道喜(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗崎道喜(2代) くりさき-どうき

1622-1698 江戸時代前期の医師。
元和(げんな)8年生まれ。初代栗崎道喜の長男。父にまなび,父が口述した外科の奥義をまとめる。寛文6年(1666)越前(えちぜん)福井藩主松平光通につかえ,同藩に栗崎流南蛮外科をつたえた。元禄(げんろく)11年7月24日死去。77歳。肥前長崎出身。名は正勝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

栗崎道喜(2代)の関連キーワード小泉友賢阿部春庵岡寿元岡本玄琳笠原重次沢村親重竹下東順津軽建広吉田宗達吉田林庵