コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマラガ Zumarraga, Thomas de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スマラガ
Zumarraga, Thomas de

[生]? ビトリア
[没]1622.9.16. 大村
イスパニアのドミニコ会司祭。慶長7 (1602) 年モラレスとともに来日。日本副管区長。元和3 (17) 年長崎県大村で捕えられ,同8年火刑に処せられた。慶応3 (1867) 年福者に列せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

スマラガ Zumárraga, Tomás de

1577-1622 スペインの宣教師。
1577年3月10日生まれ。ドミニコ会司祭。慶長7年(1602)マニラをへて薩摩(さつま)(鹿児島県)甑島(こしきじま)に上陸。のち京泊(きょうどまり)の修道院長に任じられる。14年京坂で布教中迫害にあい長崎にうつる。元和(げんな)3年大村で捕らえられ,8年8月11日同地で火刑により殉教。45歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

スマラガ【Juan de Zumárraga】

1468?‐1548
スペインのフランシスコ会士。カルロス1世(カール5世)にその人徳を買われて初代メキシコ市司教に就任(1528),征服直後のメキシコ社会で重要な役割を演じた。強い使命感をもって教会の組織化や原住民の教化および保護に当たる一方,人文主義的理念に立った教育を原住民の子弟に施そうと努めた。さらに新世界初の印刷機をメキシコ市に導入して出版活動を推進し,メキシコ大学の創立実現(1553)にも尽力した。【小林 一宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スマラガ
すまらが
Thomas de Zumarraga
(?―1622)

スペイン人のドミニコ会宣教師。1602年(慶長7)フランシスコ・モラレスとともに来日、薩摩(さつま)(鹿児島県)甑島(こしきじま)に上陸した。05年大村(長崎県)に赴き、投獄中の宣教師や信徒を慰問、激励し、その後平戸(ひらど)(長崎県)に渡った。のち同会副管区長に任命され、迫害下の長崎、有馬(ありま)(長崎県)の信徒を励ましていたが、17年(元和3)大村で捕らえられ投獄。22年フランシスコ会監察師アポリナリオ・フランコほか6人とともに火刑に処せられた。1863年福音(ふくいん)殉教者に列せられた。[黒沢文貴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スマラガの関連キーワードレガスピ(Miguel Lopez de Lógazpi)レガスピグスマン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android