コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗林次兵衛 くりばやし じへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗林次兵衛 くりばやし-じへえ

?-1700 江戸時代前期の治水家。
筑後(ちくご)生葉郡(いくはぐん)夏梅村(福岡県吉井町)の庄屋。近隣4ヵ村の庄屋とともに,筑後川の水をとりいれる用水工事を計画。寛文4年(1664)大石堰(ぜき)をきずき,長野水道を開通させる。この用水によって拡張工事をふくめ約1400haの水田がひらかれた。のち5人は「筑後五庄屋」とたたえられた。元禄(げんろく)13年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栗林次兵衛の関連キーワード山下助左衛門高村権内

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗林次兵衛の関連情報