コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑後川 ちくごがわ

7件 の用語解説(筑後川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑後川
ちくごがわ

別称筑紫次郎。九州北部を流れる川。阿蘇外輪山に発する大山川と九重山から流れる玖珠川とを合せた三隈川を上流部とし,柳川市で有明海に注ぐ。全長 143km。九州第1の大河で,利根川坂東太郎に次ぐものとして筑紫次郎と称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちくご‐がわ〔‐がは〕【筑後川】

九州北部を流れる九州第一の川。大分県西部の久住山(くじゅうさん)に源を発する川(玖珠(くす)川)と、阿蘇火山に発する川(大山(おおやま)川)とが合流し(三隈(みくま)川)、筑紫平野に出て有明海に注ぐ。長さ143キロ。筑紫次郎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

筑後川【ちくごがわ】

九州北部の川。長さ143km,流域面積2863km2。九州第1の大河で〈筑紫(つくし)次郎〉の異名がある。くじゅう連山に発する玖珠(くす)川と阿蘇山に発する大山川が日田盆地で合流し三隈川となり,福岡県に入って筑後川となる。
→関連項目朝倉[町]鵜飼い小国[町]川副[町]北茂安[町]北野[町]玖珠[町]佐賀[県]城島[町]大刀洗[町]田主丸[町]千代田[町]杷木[町]福岡[県]三根[町]諸富[町]柳川[市]吉井[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちくごがわ【筑後川】

九州北部をほぼ西流する九州第1の河川。〈筑紫(つくし)二郎〉の異名をもち,大分,熊本,福岡,佐賀の4県を流れる。幹川流路延長143km,全流域面積2860km2。九重山地に発する玖珠(くす)川と阿蘇外輪山に発する大山川が日田盆地で合流して三隅川となり,大分・福岡両県境部の夜明(よあけ)峡谷を経て筑紫平野に出る。ここから筑後川と呼ばれ,小石原川,宝満川などを合流して有明海に注ぐ。流域の年降水量は約2100mm,総流出量は約35億m3であるが,支流が日田盆地に多く集まるため,中・下流部ではしばしば洪水による被害を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちくごがわ【筑後川】

熊本・大分・佐賀・福岡四県を流れる九州第一の大河。大分県九重山と熊本県阿蘇外輪山を主水源とし、筑紫つくし平野をうるおして有明海に注ぐ。長さ約143キロメートル。筑紫つくし次郎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕筑後川(ちくごがわ)


九州北部の川。1級河川(筑後川水系)。延長143km。流域面積2863km2。福岡・熊本・佐賀・大分の4県を流れる九州最大の河川。筑紫次郎(つくしじろう)の異名をもつ。阿蘇(あそ)外輪山北斜面から流れ出た大山(おおやま)川が、日田(ひた)盆地でくじゅう連山に源流を持つ玖珠(くす)川と合流、三隈(みくま)川として西流して筑紫平野に出て筑後川となり、福岡県柳川(やながわ)市で有明(ありあけ)海に注ぐ。上流域の降水量が多く、蛇行する筑紫平野で水害が頻発したため、河川改修が行われるとともに、上流の大山川には下筌(しもうけ)ダム・松原(まつばら)ダムなどが建設された。ダム用水は下流の灌漑(かんがい)目的のほか、福岡市などの都市用水にも利用される。下流域は中近世以降の干拓地が広がる水田地帯。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑後川
ちくごがわ

福岡、佐賀、熊本、大分の4県にまたがり、有明(ありあけ)海に注ぐ九州第一の大河で、「筑紫次郎(つくしじろう)」の異名をもつ。延長143キロメートル、流域面積2860平方キロメートルの一級河川。阿蘇(あそ)外輪山に源を発する大山(おおやま)川と、久住(くじゅう)山に源を発する玖珠(くす)川とが日田(ひた)盆地で合流して三隈(みくま)川となり、大分・福岡県境山地の狭隘(きょうあい)な夜明(よあけ)峡谷を経て、筑紫平野に出、筑後川となる。その後、佐田(さた)川、小石原(こいしわら)川、巨勢(こせ)川、高良(こうら)川、宝満(ほうまん)川などの支流を合流しながら蛇行を続け、筑後平野、佐賀平野を貫流、柳川(やながわ)市で有明海に注ぐ。上流部は阿蘇、久住などの火山群の噴出物によって覆われ、複雑な地質を構成し、杖立(つえたて)、天ヶ瀬(あまがせ)など多数の温泉が分布、植林も盛んで日田の林業は有名である。中・下流は古生代の三郡(さんぐん)変成岩などからなり、平野部は更新世(洪積世)末期から完新世(沖積世)初期の堆積(たいせき)層がこれを覆っているが、扇状地、自然堤防の発達はあまり著しくない。下流の三角州平野は無数のクリークが網状に発達した水郷(すいごう)景観が広がり、水田農業の発展が著しく、九州一の穀倉地帯である。
 上流が九州山地の多雨地であるために水量が多く、古来水害が多発したため、治水工事は江戸時代に佐賀藩により始められたが、一貫性に乏しく、明治20年代に入って近代的な改修工事が開始された。1921年(大正10)の洪水を契機に本格的な改修工事に入ったが、1953年(昭和28)の大水害により1957年以降松原、下筌(しもうけ)両ダム建設を含む抜本的治水対策がたてられ、1973年には工事実施基本計画を改定、現在に至っている。
 農業用水としての利水も早く、江戸時代より福岡県うきは市の大石堰(おおいしぜき)、朝倉(あさくら)市の山田(やまだ)堰、大刀洗(たちあらい)町の床島(とこしま)堰など多数の井堰、用水路などが築かれて総灌漑(かんがい)面積は約5万5000ヘクタールに及ぶが、1975年には江川(えがわ)ダム、1983年には久留米(くるめ)市に筑後大堰が建設され、福岡市をはじめとする都市用水としての利用も進んでいる。水運も古くから盛んで、若津(わかつ)(大川(おおかわ)市)、日田などの河港を発達させる一方、鐘ヶ江(かねがえ)、青木島(あおきじま)など多数の渡しがあったが、現在では架橋が進みほとんど消滅した。河口左岸の大川市は家具工業、久留米市城島(じょうじま)町は酒造業が盛んであり、その運搬のために国鉄佐賀線(1987年廃止)筑後川橋梁(きょうりょう)(1935年完成)は九州唯一の昇開式可動橋であった。河口付近では有明海の干潟を利用して干拓地が広がる。また、ノリ養殖をはじめ、有明海特有の魚貝類の漁も盛んであったが、近年は環境汚染と生物の減少が深刻な問題となっている。包蔵水力は約30万キロワットで、発電所が23か所で総最大出力は約22万キロワット(2004)である。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の筑後川の言及

【筑後国】より

…55年宮方は筑前に攻め入り,一色氏は長門に逃れた。59年(正平14∥延文4)8月,幕府方の少弐頼尚と宮方の菊池武光の両軍が当国大保原(おおほばる)に戦い,少弐氏は大軍にもかかわらず敗北した(筑後川の戦)。63年(正平18∥貞治2)9月には大友氏時が幕府から当国守護に補任され,守護職はそのまま子の氏継に伝えられた。…

【三根[町]】より

…人口7935(1995)。筑後川下流に位置し,川をへだてて東は福岡県久留米市に接する。全域が筑後川の沖積地からなり,脊振山地を源とする寒水(しようず)川,切通川,井柳川などが町を縦断,クリークも縦横に走り,水害を被ることが多かった。…

※「筑後川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筑後川の関連キーワード一級河川巴波川筑後川の戦い寝屋川二級河川三河川馬洗川祝子川筑後川[温泉]水資源開発公団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筑後川の関連情報