コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗栖天山 くるす てんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗栖天山 くるす-てんざん

1839-1867* 幕末の武士,儒者。
天保(てんぽう)10年8月10日生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士。江戸の昌平黌(しょうへいこう)でまなび,慶応元年藩校養老館助教。2年東沢瀉(ひがし-たくしゃ)と勤王の必死組(のち精義隊)を組織,隊士の粗暴な挙動の責をとわれ流罪となる。脱島するが同志と意見があわず,慶応2年12月9日自害した。28歳。名は靖。字(あざな)は子共。通称は平次郎。著作に「自警録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

栗栖天山 (くりすてんざん)

生年月日:1839年8月10日
江戸時代末期の武士
1866年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

栗栖天山の関連キーワード栗栖平次郎栗栖赳夫生年月日儒者天保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android