コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗栖天山 くるす てんざん

1件 の用語解説(栗栖天山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗栖天山 くるす-てんざん

1839-1867* 幕末の武士,儒者。
天保(てんぽう)10年8月10日生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士。江戸の昌平黌(しょうへいこう)でまなび,慶応元年藩校養老館助教。2年東沢瀉(ひがし-たくしゃ)と勤王の必死組(のち精義隊)を組織,隊士の粗暴な挙動の責をとわれ流罪となる。脱島するが同志と意見があわず,慶応2年12月9日自害した。28歳。名は靖。字(あざな)は子共。通称は平次郎。著作に「自警録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栗栖天山の関連キーワードタンジマートアメリカ音楽茶室一覧松林廉之助新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令高杉晋作香川敬三九条道孝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone