コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗栖王 くるすおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗栖王 くるすおう

682-753 飛鳥(あすか)-奈良時代,天武天皇の孫。
天武天皇11年生まれ。父は長皇子。天平(てんぴょう)5年雅楽頭(うたのかみ)となり,翌年の朱雀(すざく)門での歌垣には,長田王らとともに頭をつとめた。天平勝宝4年従三位。天平勝宝5年10月7日死去。72歳。栗林王とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

栗栖王

没年:天平勝宝5.10.7(753.11.6)
生年:天武11(682)
奈良時代官人天武天皇の孫。父は長親王。栗林王とも書く。養老7(723)年1月,無位から従四位下に叙せられ,天平5(733)年12月に雅楽頭になった。翌年2月1日,朱雀門で行われた男女二百四十余人が集まる歌垣に頭のひとりとして加わったが,『続日本紀』には王が風流の心がある人物であると記されている。同17年5月,難波京平城京とどちらを都とするのかが議論されたとき,薬師寺に派遣されて四大寺の僧侶の意向を聞いた。従三位中務卿 で死去。

(清田善樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

栗栖王の関連キーワード没年

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android